オンラインゲームやルーレットのプレイ時に集中力を高める音楽

勉強、運転、読書、掃除、ゲームなどをしている時に音楽を流す習慣はありますか? バックグラウンド音楽は、集中を促し、気が散ることを防ぎ、退屈な作業でも楽しくこなせる効果があると多くの人が感じています。

音楽には、様々な効果があります。創造力を刺激したり、生産性を高めたりする効果があります。緊張を緩和し、一層集中できるようにしてくれる効果があるのです。

音楽を聴きながら他の作業を行うことは一般的なことです。日常生活で音楽が果たす役割は小さなものではありません。例えば、あるジャンルの音楽は仕事をする際のBGMに向いているという研究報告があります。また、学習効果や人間の情報処理能力を高めると多くの人が感じている音楽のジャンルもあるほどです。他にも、周囲の環境雑音を軽減し静かな気分にしてくれるタイプの音楽もあります。気が散ってなかなか集中できない、生産性を高められないといったことにお悩みの方は、是非このまま読み進めてくださいね。どういった音楽を聴いてみると良いのかを、お分かりいただけると思います!

安心できる、心地良い音楽を流していると、作業や仕事に集中することが容易になります。馴染み深い親しみを持てる音楽であれば、展開が分かっているため気が散ることがありません。新味が無い音楽にこそ、困難なタスクや未経験の作業への集中力を高める効果を期待できるというわけです。

クラシック音楽

専門の研究者たちによれば、クラシック音楽は人々がより効率的に活動することを促すそうです。クラシック音楽は、生産性の向上において計測可能な効果を実際に示しています。こうした効果がある理由の一つとして考えられるのは、「言葉の不在」です。歌詞のある楽曲は、集中したい時に気が散る原因になるとの研究があります。クラシック音楽は、その静穏さにより、緊張を緩和しストレスを軽減してくれるという効果があります。

自然環境音

打ち寄せて砕ける波や川のせせらぎは、認知能力と集中力を向上させることが実証されています。流水や雨といった沈静化作用のある自然環境音が最高の効果を発揮します。海洋波に聴き入ることで筋肉の緊張が解け、心拍数が下がり、ストレスが軽減されたと感じます。これらのことから、自然環境音は、精神的にも身体的にも実際にストレスを低下させる効果があると多くの研究者たちが述べています。

スムーズ・ジャズ

ジャズもまた集中力を高めるのに役立つ音楽ジャンルとして一部ではよく知られていますが、初耳の方も多いかもしれません。ジャズの特徴の一つは即興演奏です。とは言え、あらゆるジャズの楽曲が即興演奏のみで成り立っているのではなく、多くは事前にアレンジされた部分と即興の部分で構成されています。ジャズの即興演奏で一般的なのは、変奏曲の形態です。32小節のメロディが最もよく用いられており、こうしたメロディが、即興的に変奏するための素材として使われるのです。

Lo-Fi

もしクラシック音楽に食傷気味で、オンラインでのギャンブルのためにもっと現代的なものをお探しでしたら、Lo-Fiが最適です。Lo-Fiは、明るい前向きな気分を引き出し、集中力を高めてくれます。Lo-fiとは、Low Fidelityの略で、通常は欠点とみなされる録音や演奏上の特徴を意図的に採用し、好ましい構成要素として取り入れている音楽ジャンルです。

スペース・アンビエンス

スペース・アンビエンスは、アンビエントな「宇宙」サウンド、つまり、不思議な感覚を呼び覚ますような未来的な電子音楽を意味します。深く根本的な疑問について思索するのに最適な音楽なので、当然、勉強にも有効活用できます。ジャンルが既に確立している、イメージが掴み易い音楽ではないので、一体どのようなものか判然としないかもしれません。宇宙や深海を漂うような音楽と表現すれば少しイメージできるでしょうか。スペース・アンビエンスを聴きながら、そうした「スペース」を漂うことは、つまり自分自身の思考を深めていくことでもあるのです。